金利について ネットでお金を借りる

消費者金融の金利についてですが、キャッシング金額に応じて金利は変動します。 1度の借入金額が多ければ多いほど返済能力を業者から認められ、 請求される金利の利率もそれにともなって増加します。 借り入れられるだけの財力を貸金業者から期待されているということですね。 借入金額が少なければ金利(実質年率)は低くなり、 借入金額が多ければ金利(実質年率)が高くなるのが一般的です。 法律で認められて営業している貸金業者が設定している、現在の金利は、 最低金利が3、4パーセントから7、8パーセント台、 最高でも年利20パーセント未満にセーブされています。 年利20パーセントを超える金利は無効になり、 金利を超過していた企業の側は行政処分を受けます。 今までは年利20パーセント以上の金利を堂々と大手の業者が請求していましたが、 この余剰金利が債務整理の際「過払い金」とカウントされていました。 過払い金支払いは業者の側にも混乱を招きます。 法律が改正されて、年利20パーセント以上年利29パーセント未満の金利は 処罰の対象になりました。 (改正以前の出資法では年利29パーセント以上の金利が刑事罰の対象でした) ですから、現在はどの業者も年利で18パーセント程度です。 また、それぐらいの、20パーセントを超えない利率でなくてはいけません。 悪質業者が強いる高額の金利も即行政処分の対象となりますから、 金融詐欺の手口は今後変わってくるでしょう。

<実質年率4.7%〜18.0%>はじめての方にアコム!審査もスピーディー

◎借入利率:4.7%〜18.0%
◎パート・アルバイトのかたも審査OK!
◎来店不要、即日融資も可能

急な出費に素早く対応!≪モビット≫

◎借入利率:4.8%〜18.0%
◎パート・アルバイトのかたも審査OK!
◎融資可能か即診断!10秒簡易審査

ネットでお金を借りる

お金の返し方

安心してお金をかりる

キャッシング会社一覧

関連リンク